基本的な情報を押さえる

注射

憧れのモデルや芸能人も大勢治療しているボトックス注射は、副作用のリスクも少なく安全に利用できます。なぜ効果があるのか、どれくらい続くのかなど、基礎的な知識を学んで、治療に役立てていきましょう。

違いを知ってチェックする

悩む人

美容に関心のある人なら誰でもボトックスという言葉は聞いたことがあるはずです。それくらいメジャーになっている治療方法になっています。ボトックス注射は、ボツリヌストキシンという毒素成分の薬剤を使って、アンチエイジング対策を行なうものです。毒素というので副作用の心配を持つ人もいます。確かに人によっては顔面麻痺などの副作用が強く出てしまうケースもあります。しかし基本的には副作用が少なく安全性が高い点も注目されて世界中で人気が出たといえます。このボトックスですが、実は一種類だけではありません。製造メーカーによってさまざまな種類のボツリヌスキトシン菌製剤が開発されています。豊富な臨床実験データに基づき安全性に信頼のおけるものを選ぶようにしていくと安心できるといえます。また、海外で製造されていることが多いですが、品質を維持できている輸送方法であるかもチェックすべきポイントです。ボツリヌストキシンは、熱に弱いことが知られています。5度以下の低温状態で輸送されることで、クオリティーをキープすることができるといわれています。ボトックス注射を検討しているなら、どのようなルートで入ってきたボツリヌストキシン製剤なのかをしっかりと確認するようにしたいものです。

世界中の美容クリニックで使用されているボトックスは、フリーズドライになっている粉末タイプが冷蔵輸送されているといいます。値段は高い傾向がありますが、シワ治療に高い評価を得ているものです。非正規ルートで輸送されているものは、冷蔵輸送されずにクオリティに問題があることもあり、値段が安くなっているケースもあります。また、製造されている国によっても値段に差が出てきます。クリニックによって、ボトックス注射の値段に大きな開きがあるのは、こうした事情もあるかもしれません。安すぎる費用であれば、副作用や医師の腕なども心配ですし、念のため注意が必要だといえます。

健康保険は使えるのか

カウンセリング

副作用のリスクが少なく、さまざまな治療効果が期待できるボトックス注射ですが、治療目的によって健康保険の適用・非適用があります。健康保険が適用されるのは、重度の原発性多汗症などが治療目的の場合のみになるため、注意が必要です。

リスクはあるのか

看護師

男女から支持されるアンチエイジングといえば、ボトックス注射が挙げられます。しかし副作用や胎児への影響が考えられることから、妊娠中や授乳中の女性、妊活中の男女においては治療は控えましょう。

憧れの小顔になる

注射

小顔はスタイルの良い人の条件ともいえます。そんな小顔になるためには、エラボトックス注射や整形手術が効果的です。特にエラ解消であれば副作用やリスクの影響が少ないボトックス注射が最適です。

おでこの悩みには

レディ

額のシワを改善するために美容外科クリニックを探しているのであれば、シワの原因を知って適切な治療を選択できるようにしましょう。ボトックス注射の副作用の説明など情報開示をしていて、安全に治療できるクリニックがおすすめです。